[ 気功治療 AST気功のヒーリングスペースAstral - 三重県菰野町 - ]

治療の原理


AST気功は伝授された気で治療する。
  • AST気功で用いる治療の気は、人体の回りに回っている本来の気の流れの上に伝授されます。伝授された気は一生消えることなく、人体の回りを回り続けます。 回っている気を手から気を出すことにより、病気治療が可能となります。
  • 治療の気とは、まずベースとなる気(コロナの気)の流れが伝授により人体の回りに作られます。次にそのベースの気の流れのうえに主な4種類の治療の気を浮かばせたものです。
  • 主な治療の気は、次の4種類です。
    • 細胞の病気に対する気
    • 骨、関節の病気に対する気
    • 血液の病気に対する気
    • 体の様々な機能に働きかける気
  • 治療時には、その病気に応じたそれぞれの治療の気が手より自動的に引き出されます。例えば、整形疾患を治療する場合、1の細胞の病気に対する気と、2の骨、関節の病気に対する気が手か出て患部を治療します。

ASTの気で患部のマイナスの気を取り除いて細胞を活性化。
  • 訓練により手からでるようになった治療の気は、プラス電荷を帯びています。反対に患部はマイナスの電場を形成しています。
  • プラスの電荷を帯びた気が患部のマイナスの電場に放出されると、電荷の法則に従って、患部のマイナスの気がどんどんプラス電荷に引き寄せられていきます。 プラス電荷と結合してプラズマ状態となり、体の表面へ放出されます。またマイナス電荷の一部はプラス電荷と中和して消滅します。
  • このようにして患部のマイナスの電場は、マイナスからプラスに変わっていくことにより、患部の細胞が活性化され、病気が治癒します。
  • この治療には痛みもありませんし、副作用もありません。